最近口の周りにニキビができて気になるんですよね。
赤く腫れ上がってみっともなくって、メイクもおちおちできないんですよ。

少し時間が経過すると落ち着くんですけど、ニキビ跡も残ってしまって、これはマジにニキビ対策をしないといけないなと思ってます。

とはいえ、ニキビって脂性肌にできるもんだと思ってたんです。で、わたしは乾燥肌なんですよ。なのに何でニキビができるんだろうとずっと不思議に思ってたんですけど、実は乾燥肌ってニキビができる原因でもあるみたいですね。やっぱりしっかり保湿しようと思って、ニキビに効く化粧水がないかなぁって探してたんです。

そしたら、化粧水の選び方みたいなサイトを見つけちゃって、化粧水は保湿効果は薄いとか書いてあるじゃないですか!ありゃりゃあって感じです。

でも、ニキビに効く化粧水だとAPPS(アプリシエと読むらしいです。)配合の化粧水がいいらしいです。そういえば、ビタミンCってニキビに効くってイメージですよね。ビタミンCは水溶性で化粧水みたいなのにしか配合できないそうで、ああ、そっか、ビタミンC配合の化粧水を選べばいいのよねと思いました。で、油分の少なめのクリームとかで蓋をすれば保湿完了!って感じかな。

これでニキビができにくくなるといいんだけど。

年齢が進むとお肌の中にある保湿成分セラミドや天然保湿因子、皮脂の量が減り、保湿をしてもなかなか乾燥肌が改善されないそうです。

保湿というと、何となく化粧水でお肌をうるおせばいい気もしていましたが、実は化粧水だけでは保湿はできないそうです。なぜかというと、化粧水はほとんど水分だけでできていて、化粧水だけ塗ったところで、すぐに空気中に蒸発してしまうからだということです。

やっぱり乳液とかクリームみたいな、少し油分のあるものでお肌にふたをして、水分が蒸発するのを防がないと、お肌に水分をとどめることができないみたいです。

どんな乳液とかクリームがいいかというと、保湿成分が配合されたものがもちろんいいわけで、やっぱり減少しているセラミドを補給できるものがいいそうです。セラミドといっても、いろいろこれまた種類があるらしく、馬とかから取り出した動物性の天然セラミドとか、合成的に作った合成セラミドに大きく分けられるみたいですが、天然セラミドはちょっと高いみたいで、どうもスキンケア的には続けられないかもですね。合成セラミドは安価ですけど、物によってはあんまりお肌に浸透しないみたいです。合成セラミドの中でも、人と同じ型をしたヒト型セラミドというのがいいらしく、これまた分子が大きいと浸透しないので、ナノ型にしたヒト型ナノセラミドというのを配合した化粧水やクリーム、乳液、美容液で保湿をしてあげると、保水力がアップして乾燥肌が改善するらしいです。

今まであんまり成分とか気にしてなくて、コラーゲンとかヒアルロン酸とか、そんなのが入っていればいいのかなー程度だったのですが、これからはセラミドですね。セラミド配合の化粧品で何かいいのがないのか探していたら、こういうサイトがありました。
セラミド配合保湿化粧品の人気ランキング

http://xn--nckg3oobb4958b9yevwds93fqu3a.biz/

このサイト、管理人さんがちゃんとレビューしているので分かりやすくていいですね。この中から私も自分に合う保湿化粧品を選んで、乾燥肌を改善していきたいと思います。

最近はドラマやアニメの聖地巡礼がひそかなブームになっていますね。
ドラマのロケ地やアニメの舞台となった実際の土地へいって、映像と同じ風景を写真にとったり出てきたお店に行ったりすることを聖地巡礼と言うそうです。
そのドラマやアニメのファンにすれば、撮影地やモデルとなった土地やお店はまさに「聖地」と呼びたくなるようなあこがれの場所なのでしょう。
そういう場所をいくつもまわるので聖地巡礼という呼び方が定着したのだと思います。
昔からドラマのロケ地が観光地化することはあったようですが、そこを訪れる人が近年増加しているそうです。
そのため、ドラマロケ地として使ってくれるように誘致活動したり撮影協力する地方自治体も増えています。
また、実際の場所をロケハンして忠実に風景を描写しているアニメが多くなったこともブームの要因でしょう。
アニメの世界と同じ風景が実際に存在するというだけで、その中のキャラクターも実在するかのようなワクワク感を味わえるのかもしれませんね。

以前に私は親戚と一緒に、ある公園によく行ったものです。

その公園の特徴は、とにかく緑が豊富でした。植物が非常に多く、公園のデザインなども非常に凝っていたものです。植物が色々と効果的に配置されていて、見ていてとても楽しい場所でした。

場所によっては森林が非常に豊かな所などもありましたし、花が非常に豊富に咲いていた場所などもありました。

さらにその公園の近くにあるお店なども、なかなか美味しいものが揃っていたのですが。今なおあの公園のお店の味は鮮明に私の記憶に残っています。

ところで私は長らくその公園に行っていません。かなり月日が流れています。確か最後にその公園に行ったのは、もう20年ぐらい前でしょうか。

そして色々と当時のことを振り返ると、今は本当に懐かしいと思います。

ちなみに私はその公園に行こうと思えば、行くことはできる状況ではあります。もっともそのためには、片道90分ほどの時間をかける必要があるのですが。

ちょっと本日はインターネットで色々と調べ物をしていました。その時にある公園の画像を見たのですが、その時にネットで見た画像は当時の公園を彷彿させるものでした。

そして、ふと私は当時の懐かしい思い出などを色々と回想したという訳です。スキンケアに最適です。

いつも行くスーパーで買い物をしていたのです。

朝の9時開店の店で、私が出かけたのは開店直後でした。店によっても違うのでしょうが、その店では開店直後はなぜかお年寄りの買い物客が多いのです。おじいさん、おばあさんがあっちこっちで買い物をしていました。ごく普通の日常です。

私はいつものようにネギやら油揚げを買ってレジに並んだのですが、私の前に一人のおばあさんがいました。年齢は80才は優に超えていると思います。腰も少し曲がっていましたから。

そのおばあさんは会計の時になって買った品物をレジに出したのですが、それが漫画本だったのです。スーパーには小さな書棚もあって雑誌などが売っているのですが、おばあさんが出したのは【週刊少年○○】という漫画本が2冊でした。

不思議に思いませんか。あのマンガはおばあさんが読むのでしょうか。どう考えたって不釣り合いに思えて仕方がないのです。

それとも床屋か食堂か、なにかお店をやっていてお客さん用の漫画なのでしょうか。しかし、今週最大の謎でした。